2008年06月30日

げんきフェスタ2008

こんにちはexclamation自称看板娘ですわーい(嬉しい顔)

今日は、私のボランティア体験記ですぴかぴか(新しい)

★……………★……………★……………★……………★

昨日(6月29日)、湖北地区公民館でイベント「げんきフェスタ2008」イベントが開催され、その一部、Jrスタッフクラブのサポーターとしてお手伝いをしてきました。

様々な団体がつくりあげるこのイベント。
今年のテーマはぴかぴか(新しい)「つなぐ つながる 気持ちをこめて」ぴかぴか(新しい)

私がお手伝いしたJrスタッフクラブは、モバQ『おばけめいろ さだこの部屋』モバQと題したお化け屋敷を行いました。

Jrスタッフが気持ちをこめて変装した結果・・・・

genki1.JPG

genki2.JPG

genki3.JPG

このようになりましたモバQ
結構、本格的なんですよー(長音記号1)exclamation×2

衣装だけでなく、お部屋の中や驚かし方にもたくさんの工夫がしてありまして・・・

モバQこんにゃくや霧吹きを使って驚かしてみたり。。。
モバQ大きい声で驚かしてみたり。。。
モバQ黙って、そっとついて行ってみたり。。。
モバQ風船を割って驚かしてみたり。。。

それぞれのJrスタッフが思い思いの形でお化けを表現し、お客さまを驚かしていました。

結構怖かったようで、中には泣いてしまう子も・・・もうやだ〜(悲しい顔)

結果870名もの方がこのお化け屋敷で悲鳴をあげたんですよ〜exclamation×2

★……………★……………★……………★……………★

さてさて、私を含めたJrスタッフクラブのサポーターが何をしたかと言うと・・・

衣装を着るのを手伝ったり、移動の誘導をしたり、会場の補修をしたり、ちょっとしたアドバイスをしたり・・・
一緒になって、お客様を驚かしてみたり・・・笑

子ども達とお話・触れ合いをしていく中で、子ども達が苦手とする場所を聞き出してそのサポートをしていきました。

私個人の感覚としては、かわいい一緒に遊んでたかわいいという感覚でした。
精神年齢が近いのかもしれませんねひらめき

本当に本当に楽しいボランティアでしたわーい(嬉しい顔)
ボランティアは楽しいのが一番ですグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)

前日の準備からずっと一緒にいて、若い子どもたちのエキスを吸い取った2日間なのでした揺れるハート

genki4.JPG
posted by て・と・り・あ at 12:07| Comment(2) | ボランティアさん体験記

2008年06月27日

音声誘導装置 バリアフリーだな〜。

晴れ先日、あびこシニアクラブ(市民活動団体)のバリアフリー勉強会に参加しました。
市の職員の方から、我孫子駅周辺のバリアフリー車椅子について説明を聞きました。

我孫子市内の駅には、エレベーターやエスカレーターがありますよね。
1か所8千万〜1億円ぐらいかかるそうですが、着々とバリアフリーになっています。

かわいい平成11年 我孫子駅南口
かわいい平成12年湖北駅南口
かわいい平成13年 天王台北口
かわいい平成14年天王台南口
かわいい平成15年 我孫子駅北口
かわいい平成16年布佐駅南口
かわいい平成17年 布佐駅東口
かわいい平成19年湖北駅北口

我孫子駅・天王台駅・湖北駅・布佐駅は、バッチリぴかぴか(新しい)
ちなみに、布佐駅は、北・東口なのですね。
布佐駅と湖北駅は、連絡通路が市の所有で、天王台駅と我孫子駅がJRの所有。
だから、天王台駅と我孫子駅は夜中は、通れないのですね。

音声誘導装置は、市内の要所(60か所)に設置されていて、視覚障害者の方がコレ(写真)を持って近づくと、ピーピーとなり、音声誘導装置が近くにあることを教えてくれる。

onsei.JPG

そこで、ボタンを押すと、「こちらは、○○です。」と音声で居場所を教えてくれいます。

バス内のアナウンスと同じ感じでした。

コレがいろいろな所にあれば、今どの辺を歩いているの?
違った方向に歩いていないか?
などの不安が解消されるのだろうと思いました。

あびこシニアクラブ(市民活動団体)のバリアフリー勉強会の報告は、随時、我孫子市のホームページに記載されています。

BYリーダー
posted by て・と・り・あ at 10:10| Comment(0) | ボランティアさん体験記

2008年06月11日

庭園公開ボランティアに参加して

0805-4[1].jpg
イベント6月1日に行われた「日立総合経営研修所
 庭園公開」に
 運営スタッフとして参加された個人ボランティア
 鈴木洋子さんから
 レポートが届きましたのでご紹介します。


「庭園公開に参加して」

                           
前日の悪天候雨が信じられないほどの素晴らしい好天の晴れ6月1日(日)
日立総合経営研修所の春の庭園公開にお誘いをいただいて、
ボランティアとして初めて参加しました。

すでに皆さんが経験者という中で、
会員ではない私が参加してお邪魔にならないかという心配が少しありましたが、
集合の時から皆さんが気持ちよく受け入れて下さったので、
ホッとして決まっていた分担の作業につくことができました。
皆さんはもう慣れていて、来園者がみえるまでに手順よく準備が進み、
少し早めに開園しました。

私は、受付に1時間、次にスタッフのお弁当レストランの係り、
後半は「ほととぎす」でのお茶喫茶店の接待でしたが、
コカリナやフルートの演奏音楽を聴きながらの、
優雅な気分のお手伝いでした。

PICT0013.JPG受付では、
「日曜日になったから初めて二人で来られました」
「昨日なら友達と来られたのに」
「10年以上住んでいるけど初めてよ」など、
さまざまな来園者をお迎えして
「どうか一日楽しんでください」という思いで、
園内散策に向かっていただきました。

hototogisu.JPG お弁当の係りでは
 皆さん立ちっぱなしでお疲れと思うのですが、
 楽しそうにお食事され、また持ち場に戻られ
 ます。
 ←(ほととぎすでの茶菓のサービス
 よく、「ボランティアなのによく頑張るわねー」
 と言われることがありますが、
 私にとってボランティアは、
主婦とか母親という立場から離れ、
一人の女性=人として誰かの役にたっている、
喜んでいただいているという充実感、さらにさまざまな人との
出会いがあり、学ぶことがたくさんあること、
そして、なにより自分が楽しいことです。
皆さんもきっと同じような思いでボランティアをされているのではないかと思います。

今回のお手伝いも朝から夜の打ち上げまでビール(これは特に楽しいのですが・・・)本当に楽しい一日でした。

我孫子の景観を育てる会の会長さんをはじめ、会員やお手伝いの皆様、
好意的にご協力して下さった、日立総合経営研修所の皆様に感謝いたします。

我孫子の自然が、こういう努力が無にならないようにいい形で存続していってほしいと、強く思った一日でした。

              end.JPG
              ケーキとコーヒーでお疲れ様

                     
 ありがとうございました。 鈴木 洋子

鈴木洋子さん、一日中動きどおしのようでおつかれさまでした。
おかげさまで、ご来場の皆様は大満足でお帰りになられた事と思います。
ありがとうございました。
次回もご都合がつけば、参加してはいかがですか。

看板親父より









posted by て・と・り・あ at 12:50| Comment(0) | ボランティアさん体験記